ネットワークインターフェースを無効化/有効化する

ネットワークインターフェースを無効化/有効化するサンプルコード。確認なしでネットワークが切断されてるので、リモートデスクトップ使用時は注意。とくに遠隔地のデータセンターで実行しているサーバなど。

バッチ

"netsh interface show interface" によりインターフェースの一覧を表示します。その後 nameに無効化するインターフェースを指定して無効化のコマンドを実行します。

英語版の場合は name は "Local Area Connection"となっています。

コマンド:


rem 現在のイーサネット一覧を表示する
netsh interface show interface

rem イーサネットを無効化する
netsh interface set interface name="イーサネット" admin=disabled


rem イーサネットを有効化する
netsh interface set interface name="イーサネット" admin=enabled



実行例:


C:\>netsh interface show interface

Admin State State Type Interface Name

-------------------------------------------------------------------------

有効 接続 専用 イーサネット

C:\>rem イーサネットを無効化する

C:\>netsh interface set interface name="イーサネット" admin=disabled

C:\>rem イーサネットを有効化する

C:\>netsh interface set interface name="イーサネット" admin=enabled


コマンドサンプル一覧