指定した拡張子の添付ファイルは開かない | Outlook メール誤送信対策

[FAQ CENTER トップ]

[Outlook メール誤送信対策マクロ トップへ]




Outlook で指定した拡張子の添付ファイルは開かない設定を紹介します。
例えば exe や iqy や com や vbs などの添付ファイルを利用したウィルスが蔓延しています。よってこれらの拡張子が開かされそうになったらキャンセルしています。

下のコードがサンプルコードです。開くのを禁止する拡張子を Prohibited 変数で指定しています。
これにより以下の拡張子を開くのを防止しています。

.exe;.com;.,bat;.cmd;.vbs;.vbe;.js;.jse;.wsf;.wsh;.msc;.jar;.hta;.scr;.cpl;.lnk;.url


このコードの設定手順は次のページを参照してください。Outlook でマクロを有効化してメール送信イベントマクロを追記する手順


Private Sub myItem_BeforeAttachmentRead(ByVal Attachment As Attachment, Cancel As Boolean)
Set objFileSys = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Rem 添付ファイルの拡張子を取得
Extension = "." + objFileSys.GetExtensionName(Attachment.FileName)
Rem 拡張子を開く前にユーザに表示
MsgBox "拡張子" + Extension + "を開こうとしています。"
Rem 実行禁止の拡張子を指定する
Prohibited = ".exe;.com;.,bat;.cmd;.vbs;.vbe;.js;.jse;.wsf;.wsh;.msc;.jar;.hta;.scr;.cpl;.lnk;.url"
If InStr(Prohibited, Extension) <> 0 Then
MsgBox ("開くのを禁止されている拡張子を開こうとしています。キャンセルします。")
Cancel = True
Exit Sub
End If
Set objFileSys = Nothing
End Sub






[Outlook メール誤送信対策マクロ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。
このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)
雑誌等での紹介は特に連絡は不要です。
Copyright(c) tooljp.com 2007-2018