COM Surrogateとは何か | タスクマネージャでの表示を確認する

スポンサーリンク

プロセス名

COM Surrogate

概要

COM Surrogate (dllhost.exe) は主プロセスの代理として dll や exeを実行します。実行時によって役割が異なるので、実際に何の処理を行っているかはなんとも言えない。

参考:
dllhost.exe

(*)Surrogateは代理という意味。

(参考) COM Surrogate が高いCPU負荷となりファイルのコピーや削除が完了しない。この場合、dllはファイルサムネイル処理を行っているが処理の不具合で終わらなくなっている。COM Surrogateを強制終了することで解決。

関連サービス情報

サービス名:-

サービスの表示名-

サービスの説明-

パス

C:\Windows\System32\dllhost.exe

スポンサーリンク

本ページは2018年4月における情報を元に記載しています。今後仕様が変更になる場合があります。
情報の正確性は保証されません。自己責任で参考にしてください。

タスクマネージャーで表示されるプロセス名一覧