Windows Update ドラブル時の対応チェックシート

Windows 10 において、Windows Update が失敗する場合の対処方法に関して説明します。
チェックシート方式でまとめました。上から順番に確認してください。

スポンサーリンク

   チェック項目  チェック方法  チェック
 1 Background Intelligent Transfer Service 及び Windows Updateサービスが自動、手動設定になっていること。 以下のコマンドを実行し、必要なサービスが手動、あるいは自動になっていることを確認する。

Background Intelligent Transfer Serviceサービスの起動設定(自動/手動/手動(トリガー)/無効)を確認するコマンド

Windows Updateサービスの起動設定(自動/手動/手動(トリガー)/無効)を確認するコマンド

サービスが無効化されている場合は、updateに失敗する。
 2 コンピュータの日付と時間が正しいこと。時間は多少ずれてても問題ないが大幅にずれていると失敗する可能性あり。 Windows タスクバーの右下を確認し、日付、及び時間が問題ないことを確認する。
 3 Windowsのライセンスが問題ないこと。(不正コピーでないこと)
 Windows 10 のライセンスを確認する
 4 トラブルシューティングツールで状況を確認する。 以下のツールを実行する。

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\トラブルシューティング\システムとセキュリティ\Windows Updateで問題を解決する
 5 BITS トラブルシューティング ツールで状況を確認する。 以下のツールを実行する。

http://download.microsoft.com/download/F/2/2/F22D5FDB-59CD-4275-8C95-1BE17BF70B21/BITSDiagnostic.diagcab
 6 Windowsファイルが破損していないか確認する。破損していたら、インターネットからファイルをダウンロードして修復する 管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行する。

C:\DISM.EXE /online /cleanup-image /restorehealth

(*)実行前に修復ポイントを作成することを推奨します。
 7 システム ファイル チェッカー 以下を実行し、システムに問題ないか確認する。

C:\SFC /scannow
 8 Update カタログからダウンロードして試す。Windows Updateからは失敗しても、個別のプログラムの適用で成功する可能性あり。 以下より個別で更新プログラムをダウンロードし適用する。

Windows update カタログ

スポンサーリンク

↑↑↑

[Windows 10まとめに戻る]