Windows Defenderでプロセスをスキャン対象から除外する方法

プロセス名を指定して特定のファイルをWindows Defenderのスキャン対象から除外する設定です。スキャンを実行すると誤検知する場合や、時間がかかりWindows の性能に影響を与える場合などは除外します。

スクリーンセーバファイル(scr)も除外対象にすることが可能です。

対象バージョン:1511

スポンサード リンク

(1)「スタート画面」より「設定」をクリックします。

(2)「更新とセキュリティ」をクリックします。

(3)左側にある「Windows Defender」をクリックします。

(4)「除外」の「除外の追加」をクリックします。

(5)「プロセス」の「.exe、.com、または、scrプロセスを除外します」をクリックします。

(6)除外するプロセス名を入力します。

Windows 10 設定 一覧

スポンサード リンク

[前の設定]Windows Defenderでファイルの拡張子でスキャン対象から除外する設定手順
[次の設定]ファイル履歴で使用するドライブを追加する設定手順