アプリごとに信頼済みのデバイスを使用するか設定する方法

アプリごとに、信頼済みのデバイスを使うか設定します。信頼済みとは、本体に既に接続されていたか、添付されていたデバイスのことを言います。

(*)別設定の「アプリが<デバイス名>を使うことを許可する」を既にオフにしている場合は全てのアプリで使用できないため、この設定はオンにできません。

対象バージョン:1511

スポンサード リンク

(1)「スタート画面」より「設定」をクリックします。

(2)「プライバシー」をクリックします。

(3)左側にある「他のデバイス」をクリックします。

(4)アプリの一覧が表示されるため、信頼済みのデバイスを使用するか設定します。

Windows 10 設定 一覧

スポンサード リンク

[前の設定]信頼済みのデバイスを使用する設定手順
[次の設定]フィードバックの頻度を選択する設定手順