Edge と インターネットエクスプローラ のポリシーの違い

Windows 10 では標準でMicrosoft Edge (以下Edge) とインターネットエクスプローラ(以下IE)の二つのブラウザが搭載されています。デフォルトブラウザはEdgeが設定されています。Edge とIEの大きな違いはレンダリングエンジンです。これは HTML やCSSを解析して表示する機能ですが、全く異なるエンジンが使用されています。IEでは Trident が使用されていましたが、Edge では 名前そのままの Edge がレンダリングエンジンとして使用されています。IEは最後のバージョンは(2016年現在はIE 11が再度のバージョン)とされていますが、過去のIEの互換性が重視されたレンダリングエンジンとなっています。なぜなら社内のイントラネットシステムで使用された場合、IEのバージョンが上がったとたん使用出来なくなるととても困るため、IEでは過去のバージョンの互換性が最重要視されていた訳です。
一方EdgeではIEとは異なりメージャーバージョンアップは行われないようです。よってIEのようにバージョンごとにテストが必要となり、開発者の負担が増えるようなことはなくなるようです。

スポンサード リンク

IE では過去のIEとの互換性を重視しています。

Edgeでは他のブラウザ(レンダリング)との互換性を重視しています。

他のレンダリングは以下のようなレンダリングが存在します。

レンダリング名 特徴 主な使用ブラウザ
WebKit アップルが中心でMac OS のSafarirのレンダリングとして開発。元はUNIS 系のKHTMLソフトウェア・ライブラリ。
現在はオープンソフト。
 Safari
Blink Webkitからの分岐。  Chorome
Gecko Netscape あるいは Mozilla向けのオープンソフトのレンダリング。 Firefox
Trident IE4から使用される。IE11が最後のバージョンの予定。MSHTMLと呼ばれれる。  IE

スポンサード リンク

最終更新日:2016/9/18

[Windows 10まとめに戻る]