Windowsの視覚効果でパフォーマンスを優先しスピードアップ

Windows 10において、「視覚効果」をシンプルにして操作性を上げてスピードアップする方法を紹介します。
見た目のアニメーション効果や立体効果は無くなりますが、操作性は良くなりまた動きも良くなるので、遅いと思っているユーザは必見です。

(*)具体的には「スライド表示」「影表示」「アニメーション表示」「縮小版表示」「プレビュー表示」などを省略することにより操作性を向上させます。

特に性能の悪いPCで操作が遅いと思っている方には効果抜群のため、是非お試しください。

スポンサーリンク

(1)スタートメニューを右クリックし「システム」を選択します。

(2)「システムの詳細設定」を選択します。

スポンサーリンク

(3)「詳細設計」タブを選択した後「設定」を選択します。

(4)「パフォーマンスを優先する」を選択します。

パフォーマンスを優先する

後は開いたウィンドウを閉じます。

以上でインターフェースがシンプルになり操作性が向上するはずです。

スポンサーリンク

[Windows 10まとめに戻る]