wsappx でCPU負荷が高い場合の対処

Windows 10の動作が wsappxプロセスのCPU負荷により遅くなる場合の対処に関して説明します。

ハードディスクのアクセスが連続し(パソコン本体のHDアクセスランプが付きっぱなし)Windows の動作が遅くなる場合があります。
タスクマネージャで確認すると、 wsappxプロセスが CPUの負荷を上げているのが分かります。

スポンサード リンク

wsappxのCPU高負荷

この例では wsappx プロセスによる C:\Program Files\Windows\Apps\<黒色の部分> ファイルへのアクセスが多いことが分かります。
(*)黒塗りは某アプリのインストールディレクトリです。特にこのアプリの処理が多いのか、あるいは一般的に処理が重いのか不明なため、本ページでは具体的なアプリ名は伏せておきます。

wsappx プロセスはストア関連のプロセスです。ストアとは Windows 8で導入されたストア (store) 機能であり、様々なアプリをダウンロードすることが可能です。Windows10ではストアに関連するサービスは以下の3種類です。

これらの3個のサービスはストアアプリ動作に必要なため、停止させるとストアの動作に影響を与える可能性あります。よって停止(無効化)させることは推奨できません。そもそも停止してもすぐに自動的に起動してしまうようです。

よってwsappxプロセスでCPU負荷率が高い場合にはストアの処理を減らしてから、処理が終了するまで待つしかないと思われます。(2016年4月現在)
上記の例では対象ファイル「黒塗りの部分」のアプリをアンインストールしたところ、現象が無事収まりました。

(新規でユーザを作成しそのユーザが初めてログオンした場合はそのユーザのプロファイルが生成されますが、そのときもwsappx の負荷が高くなるケースも報告されています。)

参考:wsapp プロセス関連のレジストリ(サービス名はAppXSvc)

キー名:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\AppXSvc
:%systemroot%\system32\svchost.exe -k wsappx
データ:%systemroot%\system32\svchost.exe -k wsappx

スポンサード リンク