[ホーム] > [ プロセス一覧] > [CredentialUIBroker.exe]
,

CredentialUIBroker.exeとは | CPU使用率が高い場合の対処やプロセスを停止する方法

Windowsを使用していると、突然操作が遅くなる場合があります。
タスクマネージャーを起動すると特定のCPUの負荷率(場合によっては100%)になっている場合もあります。 このプロセスの役割は何?高CPU使用率の場合の対処は?プロセスを止めていいの?などを説明します。


スポンサーリンク

プロセス名

CredentialUIBroker.exe

実行中のプロセスが存在するかは、以下のコマンドで確認が可能です。
C:\>tasklist | findstr /I CredentialUIBroker.exe

名称

Credential Manager UI Host

ファイルパス

C:\Windows\System32\CredentialUIBroker.exe

関連サービス

-

プロセスの概要

リモートデスクトップサーバに接続するときのログイン画面(UI)。%windir%\system32\mstsc.exeを実行すると連携してこのプロセスが起動される。ただし通常時もこのプロセスが1つだけ起動されている場合がある。この場合、リモートデスクトップ接続を行うとプロセスが2個に増える。

リモートデスクトップログインのプロセス



強制終了する場合は以下のコマンドを実行する。プロセスIDは tasklist コマンドで確認する。


C:\>tasklist kill /PID <プロセスID> /F


参考:The prompt is not displayed to the correct user in Windows Server 2012 R2-based RDS server

https://support.microsoft.com/en-us/help/3078689/the-prompt-is-not-displayed-to-the-correct-user-in-windows-server-2012

スポンサーリンク

プロセスを止める方法

ログインをキャンセルすればプロセスは停止する。

CPU使用率が高い場合

リモートデスクトップ接続をキャンセルする。

・アンチウィルスでシステム、及び全部のドライブのアンチウィルスを実行します。(アンチウィルスは最新版に更新すること。更新しないと意味がない。)

・所定の場所に存在しないファイルはウィルス、スパイウェア、RATの可能性があるので要注意です。

・Windowsを再起動します。

・以下のsfcコマンドによるシステムファイルチェックを実行します。

C:\>sfc /scannow

スポンサーリンク

本ページは2016年5月における情報を元に記載しています。今後仕様が変更になる場合があります。
情報の正確性は保証されません。自己責任で参考にしてください。

Windows10プロセス一覧