lsm.exeとは | CPU使用率が高い場合の対処やプロセスを停止する方法

Windowsを使用していると、突然操作が遅くなる場合があります。
タスクマネージャーを起動すると特定のCPUの負荷率(場合によっては100%)になっている場合もあります。 このプロセスの役割は何?高CPU使用率の場合の対処は?プロセスを止めていいの?などを説明します。


スポンサーリンク

プロセス名

lsm.exe

実行中のプロセスが存在するかは、以下のコマンドで確認が可能です。
C:\>tasklist | findstr /I lsm.exe

名称

local session manager (LSM)

ファイルパス

Windows 10 では実行ファイル無し 以前のバージョンでは以下の通り。 C:\Windows\system32\lsm.exe

関連サービス

Local Session Manager (LSM)

プロセスの概要

・セッションの生成、削除を行います。
・Windows 10ではLSMはサービス化され、svchost.exe の下で動作します。よってプロセス「lsm.exe」はタスクリストなどでは表示されません。実行ファイルのパスは以下の通りです。

C:\Windows\system32\svchost.exe -k DcomLaunch

スポンサーリンク

プロセスを止める方法

必要プロセスのため停止不可。

CPU使用率が高い場合

・アンチウィルスでシステム、及び全部のドライブのアンチウィルスを実行します。(アンチウィルスは最新版に更新すること。更新しないと意味がない。)

・所定の場所に存在しないファイルはウィルス、スパイウェア、RATの可能性があるので要注意です。

・Windowsを再起動します。

・以下のsfcコマンドによるシステムファイルチェックを実行します。

C:\>sfc /scannow

スポンサーリンク

プロセス構成図

Windows プロセス構成図

本ページは2016年5月における情報を元に記載しています。今後仕様が変更になる場合があります。
情報の正確性は保証されません。自己責任で参考にしてください。

Windows10プロセス一覧