dism.exe と sfc.exe の違い | Windows 修復ツール比較

このページでは共にシステムファイルを検査・修復する dism.exe と sfc.exe の比較、使いわけに関して説明します。どの順番で使用し、どのような効果があるか確認してください。

スポンサーリンク

機能の違いは以下の通りです。sfc は不整合の確認を行います。例えばシステムファイルをアプリケーションが上書きしてしまった場合や何らかの理由で消えてしまった場合など、バックアップされているファイルから復元します。
一方でdsm はファイルの破損を検出します。破損を検出した場合、インターネットから最新のファイルをダウンロードして修復したり、マスターイメージから修復したりします。
順番的にはまず sfc を実行してから dsm を実行するのが良いようです。仮にdsmで不整合が検出され修復した場合、再度 sfc を実行するのが良いようです。

コマンド 概要 修復 ログに記録
sfc sfc /scannow システムファイルが不正に置き換えられていなかチェック(整合性違反の確認)して、可能なら元のファイルに戻す。 ローカルにバックアップされたファイルで置き換えて元に戻す 記録する(C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)
dism Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth システムイメージが破損していなかチェックする。
システムイメージのチェックをするが修復しない。数分かかる。
しない 記録する(C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)
Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth 破損フラグが立っているかだけ確認する。実際のチェックは行わないため、コマンドはすぐに終了する。あまり意味がないコマンド。
しない 少々記録する(C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)
Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth 【推奨】システムイメージのチェックを実行して破損していた場合はWindows Updateから入手して修復する。数分かかる。
Windows Updateから修復 記録する(C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)
DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /source:WIM:D:\Sources\Install.wim:1 /LimitAccess

(*)D:\Sources\Install.wimはWindows イメージファイルの場所。環境に応じて変更する。
システムイメージが破損していなかチェックする。
破損していた場合はWindows イメージファイルから修復する。インターネットに接続できない場合、Windows イメージをDVDから作成あるいは別経路でインターネットから入手してそこから修復する。
Windows のイメージから修復 記録する(C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)

スポンサーリンク

[Windows 10 まとめに戻る]