[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧] - [起動中のプロセス一覧を定期的にファイルに保存するバッチ]

起動中のプロセス一覧を定期的にファイルに保存するバッチ | Windows バッチファイル



Windows 環境において5分毎にtasklistの結果をファイルへ出力するサンプルです。

出力するファイル名を毎回異なるファイルにする事がポイントです。

以下の例では300秒(5分)ごとに tasklist の結果をファイルに保存しています。
5分ごとに新規に日付や時刻で構成されたファイルを作成し記録しています。


:loop

for /F "tokens=1,2,3 delims=/, " %%i in ('date /t') do set TMPDATE=%%i%%j%%k
for /F "tokens=1,2,3 delims=:" %%i in ('echo %time%') do set TMPTIME=%%i%%j%%k
set TMPTIME=%TMPTIME:~0,-3%

tasklist /FO CSV > %TMPDATE%%TMPTIME%

timeout 300

goto loop



以下は結果のサンプルです。(ファイル名:2018112313541)


"イメージ名","PID","セッション名","セッション#","メモリ使用量"
"System Idle Process","0","Services","0","8 K"
"System","4","Services","0","4,796 K"
"Registry","96","Services","0","9,348 K"
"smss.exe","532","Services","0","1,044 K"
"csrss.exe","704","Services","0","5,344 K"
"wininit.exe","792","Services","0","6,168 K"
<以下省略>




【2018/11/23更新】
以前は リソースキットから入手可能な sleep.exe 300 で 5分ごとの記録を実現していましたが、Window 10 標準の timeout コマンドに変更しました。






本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧]