[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧] - [フォルダ内のファイルの数を数える方法]

フォルダ内のファイルの数を数える方法 | Windows バッチファイル



目的


あるフォルダ内のファイルの数、あるいはサブフォルダ(ディレクトリ)も含めたフォルダ内のファイルの数をカウントする方法を紹介します。

フォルダ内のファイル数のカウント



以下の例ではc:\temp 以下のファイル数をカウントしています。サブフォルダは含めません。c:\temp\* と絶対パスで指定しているためどこのフォルダから実行可能です。カレントフォルダやサブフォルダを表す ドットやドット×2はカウントされません。


set /a n=0
for %%A in (c:\temp\*) do ( if exist %%A (set /a n=n+1) )
echo ファイル数 = %n%



(*)Thumbs.dbなど特殊ファイルはカウントされません。




サブディレクトリも含めてカウントしたい場合



必ずカウントしたいフォルダに移動してから実行します。カレントフォルダやサブフォルダを表す ドットやドット×2はカウントされません。


set /a n=0
for /r %%A in (*) do ( if exist %%A (set /a n=n+1) )
echo ファイル数 = %n%



(*)Thumbs.dbなど特殊ファイルはカウントされません。






本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧]