[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧] - [ERRORLEVEL の判定方法を行う6通りの方法まとめ]

ERRORLEVEL の判定方法を行う6通りの方法まとめ | Windows バッチファイル



Windows 10 環境におけるバッチファイルにおける ERRORLEVEL の判定方法を紹介します。
数式においてイコール、等しくない、以上、以下、より大きい、未満を判定します。


(1)イコールの判定


if %ERRORLEVEL% equ 100 echo "ERRORLEVELは100"



(2)等しくないの判定

if %ERRORLEVEL% neq 100 echo "ERRORLEVELは100以外"



(3)以上の判定

if %ERRORLEVEL% geq 100 echo "ERRORLEVELは100以上"



(4)以下の判定

if %ERRORLEVEL% leq 100 echo "ERRORLEVELは100以下"



(5)XXより大きいの判定(イコールは含まない)

if %ERRORLEVEL% gtr 100 echo "ERRORLEVELは100より大きい"



(6)未満の判定(イコールは含まない)

if %ERRORLEVEL% lss 100 echo "ERRORLEVELは100未満"









本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧]