[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧] - [バッチやアプリケーションと ERRORLEVELの関係]

バッチやアプリケーションと ERRORLEVELの関係 | Windows バッチファイル



ERRORLEVEL


このページでは、バッチやアプリケーションと ERRORLEVELの関係に関して説明します。
バッチやアプリケーションで戻り値を設定すると、バッチやアプリケーション終了時に ERRORLEVEL に戻り値が設定されます。関数の戻り値のようなものですね。

以下の例では test1.batをコールし、test1.batの戻り値が1だったらエラー表示します。


call test1.bat
if %ERRORLEVEL%==1 echo エラー









本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧]