IBM Storage Manager インストール時の注意事項

IBM Storage Managerをインストールした時に判明したインストールの注意点をまとめています。

スポンサード リンク

インストールに使用した Storage Manager は package version 10.77.A5.28 Linux版です。このパッケージでは以下の2種類のインストーラーが使用できます。

SM10.77_Linux_64bit_x86-64_SMIA-10.77.x5.28.tgzはGUIでインストールします。
SM10.77_Linux_64bit_x86-64_single-10.77.x5.28.tgzはコマンドラインで rpm コマンドでインストールします。

都合の良い方を使いインストールを行ってください。例えば上級者でしたら、インストールの履歴が残るコマンド+RPMの方が良いのでsingle 版を使用すれば良いでしょう。ただし single 版では「Storage Manager Profile (Support Monitor)」機能はインストールできません。この機能を使用する場合にはSMIA版を使用します。

Storage Manager SMIA でのインストール手順
Storage Manager single でのインストール手順

スポンサード リンク

[ブレードサーバ情報局トップへ]


(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。
このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)
雑誌等での紹介は特に連絡は不要です。