IBM Storage Manager single インストール

Storage Manager 10.77.A5.28 Linux版のRPMによるインストール方法を説明します。
使用するモジュールはIBM Fix Centralからダウンロードが可能です。ダウンロードにはユーザ登録が必要です。

スポンサード リンク

ダウンロードしたパッケージを展開します。

# ll
合計 239928
-rwxrwxrwx 1 root root 245440226 3月 3日 13:02 SM10.77_Linux_64bit_x86-64_single-10.77.x5.28.tgz

# tar -zxvf SM10.77_Linux_64bit_x86-64_single-10.77.x5.28.tgz
Linux_x64_10p77_single/
Linux_x64_10p77_single/scripts/
Linux_x64_10p77_single/scripts/EnableCntlReset.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/SameWWN.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/EnableAVT_W2K_S2003_noncluster.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/DisableAVT_Linux.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/DisableAVT_W2K_S2003_noncluster.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/DisableAVT_Netware.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/DifferentWWN.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/EnableAVT_Linux.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/DisableCntlReset.script
Linux_x64_10p77_single/scripts/EnableAVT_Netware.script
Linux_x64_10p77_single/Linux_x86-64/
Linux_x64_10p77_single/Linux_x86-64/SMruntime-LINUX-10.77.A5.03-1.x86_64.rpm
Linux_x64_10p77_single/Linux_x86-64/SMagent-LINUX-10.02.A5.14-1.x86_64.rpm
Linux_x64_10p77_single/Linux_x86-64/SMclient-LINUX-10.77.G5.28-1.noarch.rpm
Linux_x64_10p77_single/Linux_x86-64/Linux-64bit-x86_64-rpms.md5
Linux_x64_10p77_single/Linux_x86-64/SMutil-LINUX-10.00.A5.19-1.x86_64.rpm
Linux_x64_10p77_single/Linux_x86-64/SMesm-LINUX-10.77.G5.03-1.noarch.rpm
Linux_x64_10p77_single/SM10R2MIB/
Linux_x64_10p77_single/SM10R2MIB/SM10_R2.MIB
Linux_x64_10p77_single/SM10R2MIB/README_First.txt

パッケージを展開すると以下のrpmが展開されます。

この中で「SMagent-LINUX-10.02.A5.14-1.x86_64.rpm」はStorage Managerをinbound管理(tcp/ip経由ではなくFCなどを経由して管理する方式)の場合使用します。Storage Managerをtcp/ip経由でストレージコントローラに接続する場合には、「SMagent-LINUX-10.02.A5.14-1.x86_64.rpm」のインストールは不要です。

またsingle インストールでは "Storage Manager Profiler"はインストールできません。"Storage Manager Profiler"をインストールする場合にはSMIA版 (SM10.77_Linux_64bit_x86-64_SMIA-10.77.x5.28.tgz)でインストールしてください。

readmeによると、rpmのインストールの順番は以下のとおりとなります。

スポンサード リンク

1. SMruntime - always first
2. SMesm - required by client
3. SMclient
4. SMagent
5. SMutil
6. Controller firmware and NVSRAM
7. ESM firmware
8. Drive firmware

必要な rpm をインストールします。

# rpm -ivh SMruntime-LINUX-10.77.A5.03-1.x86_64.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:SMruntime ########################################### [100%]
# rpm -ivh SMesm-LINUX-10.77.G5.03-1.noarch.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:SMesm ########################################### [100%]
# rpm -ivh SMclient-LINUX-10.77.G5.28-1.noarch.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:SMclient ########################################### [100%]
SMmonitor started.
# rpm -ivh SMutil-LINUX-10.00.A5.19-1.x86_64.rpm
Linux-64bit-x86_64-rpms.md5 SMesm-LINUX-10.77.G5.03-1.noarch.rpm
SMagent-LINUX-10.02.A5.14-1.x86_64.rpm SMruntime-LINUX-10.77.A5.03-1.x86_64.rpm
SMclient-LINUX-10.77.G5.28-1.noarch.rpm SMutil-LINUX-10.00.A5.19-1.x86_64.rpm
# rpm -ivh SMutil-LINUX-10.00.A5.19-1.x86_64.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:SMutil ########################################### [100%]

SMmonitorサービス (ストレージの監視サービス)も自動的に起動されます。

# /etc/init.d/SMmonitor status
SMmonitor (pid 5725) is running...

rpmコマンドを使用してインストールされたパッケージを確認します。

# rpm -qa | grep SM
SMclient-10.77.G5.28-1
SMruntime-10.77.A5.03-1
SMesm-10.77.G5.03-1
SMutil-10.00.A5.19-1

Storage Manager クライアントを起動します。

# ls /opt/IBM_DS/client/SMclient &
スポンサード リンク

[IBM Storage Manager インストール時の注意事項へ戻る]


(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。
このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)
雑誌等での紹介は特に連絡は不要です。