@tooljpさんをフォロー

OS コマンドによる物理ファイルのバックアップ / リストアのメモ 【Redhat EL 5】

バックアップの方法にも色々ありますが、一番単純な方法であるOSコマンドによるファイルのバックアップ、リストアで本当に戻るか簡単にテストしました。そのときのメモを残します。(2014年1月10日)


スポンサード リンク

環境:
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.3.0 - 64bit Production
Red Hat Enterprise Linux Server release 5.7 (Tikanga)

前提:アーカイブREDOログファイルは無効化

1.バックアップ

以下のファイルをバックアップしました。

ファイルの種類 パス(例です。環境によりパスは異なります。)
データ表領域 /oradata/<SID>/data/xxx1.dbf,xxx2.dbf,xxx3.dbf
制御ファイル /oradata/pfile/control01.ctl
/opt/oracle/oradata/<SID>/pfile/control02.ctl
redo ログファイル /oradata/redo/redo001.log
/opt/oracle/oradata/<SID>/redo/redo002.log
システム表領域 /oradata/<SID>/system/sysaux01.dbf
/oradata/<SID>/system/system01.dbf
/oradata/<SID>/system/temp01.dbf
/oradata/<SID>/system/undotbs01.dbf
初期化パラメータ /opt/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1/dbs/init<SID>.ora
/opt/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1/dbs/spfile<SID>.ora

スポンサード リンク

2.リストア

システムを稼働に上記のファイルが破損したと仮定します。その後、以下の手順でデータをリストアしました。
(*)当然バックアプ取得後に更新された内容は破棄されます。

手順は以下の通りです。

(1)Oracle データベースを停止します。
(2)上記のファイルをバックファイルよりリストアします。(OSのコピーコマンドでリストアしました)

(3)spfileを再作成します。

create spfile from pfile;

(4)データベースを起動します。



スポンサード リンク

[Oracleメモに戻る]