[FAQ CENTER トップ]
[Oracle FAQ トップへ]

Oracle FAQ

スポンサード リンク




OS:Redhat Enterprise Linux 5
バージョン:Oracle 11g R2

Q "13: Permission denied"が出力された場合の対処

A
"13: Permission denied"が出力された場合の対処、切り分け方法を紹介します。

例えば以下のエラーが発生したとします。

行1でエラーが発生しました。:
ORA-00344:
オンライン・ログ'/opt/oracle/oradata/DBSID/redo/redo101.log'を再作成できません ORA-27037:
ファイル・ステータスを取得できません。 Linux-x86_64 Error:
13: Permission denied
Additional information: 6


"Permission denied"なので、Oracleがファイルアクセスに失敗したのが原因と思われます。

この場合、root から oracle にスイッチして /opt/oracle/oradata/DBSID/redo/ に移動します。
移動する仮定でエラーが発生した場合、そのディレクトリのパーミッションの問題があることが分かります。


/opt/oracle/oradata/DBSID/redo/ に移動した場合、 redo101.log ファイルを編集あるいは新規作成してみます。

エラーが出力された場合はファイルのパーミッションに問題があることが分かります。

スポンサード リンク


[Oracle FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。
このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)
雑誌等での紹介は特に連絡は不要です。
Copyright(c) tooljp.com 2007-2013