出力コードページを取得する | GetConsoleOutputCP のサンプルコード

呼び出し側プロセスが使用しているコンソールの出力コードページを取得します。

例えば日本語 Shift_jis の場合は 932 が返されます。

逆にセットする場合は SetConsoleCP を使用します。

スポンサード リンク

Visual C++ 向けサンプルコード

#include <stdio.h>

#include <windows.h>

int main()
{
printf("%d\n", GetConsoleOutputCP());
return 0; }

スポンサード リンク



[Visual C++ サンプルコード | 即戦力ソース集に戻る]

本サンプルコードではエラー処理を省略している場合があります。実践で使用する場合はエラー処理が必要となる場合があります。