_countof のサンプルコード | 静的割り当ての配列内の要素数を返す

_countof 関数により静的に割り当てられた配列の要素数を返します。

本例では、"これはテスト文字列です。"の要素数を返します。日本語は2バイトとカウントし、文字列の最後のNULLもカウントされるため、12×2 + 1 で25が戻されます。

スポンサード リンク

Visual C++ 向けサンプルコード

#include <string.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main()
{
char string[] = "これはテスト文字列です。";
int n=_countof(string);
printf( "%d\n", n ); }

スポンサード リンク



[Visual C++ サンプルコード | 即戦力ソース集に戻る]

本サンプルコードではエラー処理を省略している場合があります。実践で使用する場合はエラー処理が必要となる場合があります。