argc , argv のサンプルコード | 引数の数と引数を取得する

プログラムに与えられた引数の数と各引数を出力するサンプルプログラムです。

実行例は以下の通りです。

C:\>tp.exe a b c d e f g
argc = 8
arg[0] = "source-ok.exe"
arg[1] = "a"
arg[2] = "b"
arg[3] = "c"
arg[4] = "d"
arg[5] = "e"
arg[6] = "f"
arg[7] = "g"

スポンサード リンク

Visual C++ 向けサンプルコード

//引数の一覧を取得する

#include <stdio.h>
int main(int argc, char **argv)
{
		 printf("argc = %d\n", argc);
	 for (int i=0; i<argc; i++) 
		  printf("arg[%d] = \"%s\"\n", i, argv[i]);
}

スポンサード リンク



[Visual C++ サンプルコード | 即戦力ソース集に戻る]

本サンプルコードではエラー処理を省略している場合があります。実践で使用する場合はエラー処理が必要となる場合があります。