_asm によりポインタを操作するサンプルコード

_asm により esi レジスタでポインターをコピーするサンプルプログラムです。

esi はポインタを記憶するのに使用するレジスタです。

_asm 内では p1のアドレスをesxi レジスタにコピーした後、p2アドレスへコピーしています。

(*)_asm はインラインアセンブラです。ソースコード内でアセンブラ命令を記載することができます。

スポンサード リンク

Visual C++ 向けサンプルコード

// _asm のサンプルコード
// 文字列へのポインターをコピーする
#include <stdio.h>

int main()
{
	 char *p1="テスト用文字列";
	 char *p2;

	 _asm
{ mov esi,p1 mov p2,esi } printf("%s\n",p2); return 0; }

スポンサード リンク



[Visual C++ サンプルコード | 即戦力ソース集に戻る]

本サンプルコードではエラー処理を省略している場合があります。実践で使用する場合はエラー処理が必要となる場合があります。