assertのサンプルコード | 例外を発生させるサンプル

条件を指定し、その条件を満たす場合にアッサーションエラーを発生させます。

この例では iが0でないことを確認するため、 i が 0 の場合に以下のエラーが発生し、アクセス違反によりプログラムが強制終了させられます。

Assertion failed: i != 0,

スポンサード リンク

Visual C++ 向けサンプルコード

#include <assert.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <assert.h>

int main(void) {
int i = 0;
assert( i != 0 );
return 1; }

スポンサード リンク



[Visual C++ サンプルコード | 即戦力ソース集に戻る]

本サンプルコードではエラー処理を省略している場合があります。実践で使用する場合はエラー処理が必要となる場合があります。