clock のサンプルコード | プログラム実行時からの経過時間を取得する

clock()関数により、プログラム実行時からの経過時間を表示します。

Sleepにより3秒のwaitを行っているため、結果は3秒と出力されます。

以下は経過結果です。
プログラム実行時からの経過時間(プロセッサ時間): 3 secs.

スポンサード リンク

Visual C++ 向けサンプルコード

#include <time.h>
#include <stdio.h>
#include <windows.h>

int main(void)
{
Sleep(3000);
printf("プログラム実行時からの経過時間(プロセッサ時間): %u secs.\n", clock()/CLOCKS_PER_SEC); }

スポンサード リンク



[Visual C++ サンプルコード | 即戦力ソース集に戻る]

本サンプルコードではエラー処理を省略している場合があります。実践で使用する場合はエラー処理が必要となる場合があります。