floor のサンプルコード | 小数点以下を切り捨てる

floor 関数により小数点以下を切り捨てるサンプルコードです。

以下は実行結果です。

5.8を小数点以下切り捨てた結果: 5.000000
-5.8を小数点以下切り捨てた結果: -6.000000

スポンサード リンク

Visual C++ 向けサンプルコード

#include <math.h>
#include <stdio.h>

int main( void )
{
double x;
x = floor( 5.8 );
printf( "5.8を小数点以下切り捨てた結果: %f\n", x );
x = floor( -5.8 );
printf( "-5.8を小数点以下切り捨てた結果: %f\n", x ); }

スポンサード リンク



[Visual C++ サンプルコード | 即戦力ソース集に戻る]

本サンプルコードではエラー処理を省略している場合があります。実践で使用する場合はエラー処理が必要となる場合があります。