Excelのシート数をカウントするサンプルプログラム | VBScript / VBA FAQ

[FAQ CENTER トップ]
[VBScript FAQ トップへ]

VBScript / VBA FAQ


スポンサード リンク

【質問】 Excelのシート数をカウントするサンプルプログラム

スポンサード リンク

【答え】
1つのブック(Excel book)に何個のシートが存在するかを確認するサンプルプログラムです。
シート数をカウントするには Count プロパティ (Worksheets.Count)を使用します。
以下の例はシート数を表示した後、各シートのシート名を表示しています。

Sub CountNumOfSheets()

NumOfWorksheets = Worksheets.Count

MsgBox "シート数:" & NumOfWorksheets

For i = 1 To NumOfWorksheets
MsgBox "シート名:" & Worksheets(i).Name
Next i

End Sub




スポンサード リンク

[VBScript FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。
このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)
雑誌等での紹介は特に連絡は不要です。
Copyright(c) tooljp.com 2007-2014