[ホーム] - [Redhat Linux 7 FAQ 一覧] - [500 OOPS: could not read chroot() ]


スポンサード リンク



500 OOPS: could not read chroot()

環境:Redhat Enterprise linux 7(EL)




現象


vsftpd にリモートからログオンしようとすると、以下のエラーが発生する場合があります。


500 OOPS: could not read chroot() list file:/etc/vsftpd.chroot_list
500 OOPS: priv_sock_get_result
接続がリモート ホストによって閉じられました。




原因


主な原因は、chroot_list_enable=YES を指定しているにもかかわらず、chroot_list が見つからない場合に発生します。

【設定ファイル】
/etc/vsftpd/vsftpd.conf

【設定内容】
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list


上記でchroot_list_fileした実ファイルが見当たらない、あるいはアクセス権が不適切なことが考えられます。




(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 7.2以後を想定しています。

最終更新日:2017/07/15

[ホーム] - [ Redhat Linux 7 FAQ 一覧]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2018