[ホーム] - [Redhat Linux 7 FAQ 一覧] - ["appears to contain a partition table" の原因と対処]


スポンサード リンク



"appears to contain a partition table" の原因と対処

環境:Redhat Enterprise linux 7(EL)




現象


ディスクをフォーマットしようとすると「パーティションテーブル情報が残っている」と警告が表示される場合があります。

・ディスク全体をフォーマット

# mkfs.xfs /dev/sdb
mkfs.xfs: /dev/sdb appears to contain a partition table (dos).
mkfs.xfs: Use the -f option to force overwrite.



・パーティションだけをフォーマット

# mkfs.xfs /dev/sdb1
mkfs.xfs: /dev/sdb1 appears to contain an existing filesystem (xfs).
mkfs.xfs: Use the -f option to force overwrite.




原因


ディスクをフォーマットしようとしていますが、以前に使用していときのパーティション情報がディスクに残存している可能性があります。(例えばDOSやxfsなどです。)


対処


-f オプションで強制的にフォーマットはできますが、パーティション情報を消す方法を紹介します。

(1)情報表示
・ディスク全体

# wipefs /dev/sdb
offset type
----------------------------------------------------------------
0x1fe dos [partition table]



・パーティションだけ

# wipefs /dev/sdb1
offset type
----------------------------------------------------------------
0x0 xfs [filesystem]
UUID: ********-****-****-****-************



(注意)*のところは環境により異なります。


(2)消去
ディスク丸ごと消去します。
対象ディスクを間違えないようにしてください。間違えたら大事なデータが消えてしまいます。


# wipefs -a /dev/sdb
/dev/sdb: 2 bytes were erased at offset 0x000001fe (dos): 55 aa
/dev/sdb: calling ioclt to re-read partition table: 成功です



(3)
以上でフォーマットコマンドが実行できるはずです。


# mkfs.xfs /dev/sdb



(注意) sdb1 のみのフォーマットは相変わらず警告が表示されるので -f で強制的に実行します。







(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 7.2以後を想定しています。

最終更新日:2017/07/17

[ホーム] - [ Redhat Linux 7 FAQ 一覧]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2018