[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux 7(EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】firewalld サービスでiptablesコマンドで設定した内容の保存はどうなるか

環境:Redhat Enterprise linux 7(EL)


スポンサード リンク


CentOS7.x/Redhat7.x では標準のFirewallとしてFirewalldが採用されています。これはiptablesの上位の位置づけです。
実際にはどちらもnetfilterを使用している点で同じです。ただしFirewalld サービスと iptablesサービスは同時に使用できません。

CentOS7/Rehat 6では標準は iptables サービスでした。rewalld、iptablesともに、フィルタリングの機能は netfilter で同じですが、制御するサービスのデフォルトが変更になったということです。

ただしFirewalldを有効にしている場合でも iptablesコマンドにより細かい設定が可能です。
この設定はメモリで保存されているだけで、Firewalldサービスの再起動あるいはfirewall-cmd --reloadを実行すると消えてしまうようです。
そんな場合、以下のコマンドで保存することがでるようです。


#iptables-save



スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 7.2以後を想定しています。

最終更新日:2017/07/15

[Redhat Enterprise linux 7(EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012