[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】"passwd: Unsafe operation (use -f to force)." がアカウントロック解除時に表示される場合の対処

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】
アカウントロック解除時に以下のメッセージが表示される場合があります。

passwd: Unsafe operation (use -f to force).

これはパスワードが設定されていないアカウントのロックを解除する場合に表示されます。

例:
# passwd -u test
Unlocking password for user test.
passwd: Unsafe operation (use -f to force).


以下の通り、passwd コマンドに -f オプションを付けて、解除と同時にパスワードを設定してください。

#passwd -f test
Changing password for user test.
New UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 5以後を想定しています。

最終更新日:2014/04/02

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012