[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】diskdump の場合のダンプ出力先の設定

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】
crash dump取得を diskdump で行っている場合、ダンプ出力先の設定は以下の設定ファイルで行います。


ファイル "/etc/sysconfig/diskdump" に以下の行を追加します。
device=/dev/sdx

上記の例ではcrash dump 取得先を/dev/sdx に指定しています。環境により変更します。

その後crash dump取得用にフォーマットを実行します。

# /sbin/service diskdump initialformat
Formatting dump device:
Do you want to format /dev/sdb (yes/NO)? y

以上で diskdump 用のパーティションの準備は完了です。

最後に diskdumpの自動起動を設定します。以下の例では level 3と5で自動起動を行っています。

chkconfig --level 3 diskdump on
chkconfig --level 5 diskdump on

手動で起動するには以下のコマンドを実行します。

/etc/init.d/diskdump start


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2012/08/12

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012