[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】nohup でプログラムを実行する場合の特徴は何ですか

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】
nohupでプログラムを実行した場合、プログラムはジョブではなくプロセスとして管理されます。この場合プログラムを実行したユーザがログアウトしてもプログラムは終了しません。

出力は標準出力に出力できない(ログアウトした場合など)代わりに、nohup.outに出力されます。

一般的にユーザがログアウトする場合、実行中のプロセスには "SIGHUP"シグナルが送信されます。ただし nohup で実行したプロセスにはこの"SIGHUP"シグナルが送信されないため、ログアウトした後でもプログラムは実行されます。

ユーザが再度ログオンすればプログラムを終了させることは可能です。プログラムの実行に長時間必要でありログアウト後もプログラムの実行を継続させたい場合などに使用します。

bash では

/usr/bin/nohup

が実行される。


# nohup --help
Usage: nohup COMMAND [ARG]...
or: nohup OPTION
Run COMMAND, ignoring hangup signals.

--help この使い方を表示して終了
--version バージョン情報を表示して終了



スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2013/09/25

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012