[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】リダイレクトとパイプの違いは

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】 リダイレクトは標準入力・標準出力・標準エラー先を変更する仕組みです。パイプはコマンドの標準出力を他のコマンドの標準入力に渡す仕組みです。

(1)リダイレクトの例
以下の例では ls -a の結果を files.txtにリダイレクトしています。

[root@testlinux user1]# ls -a > files.txt
[root@testlinux user1]# cat files.txt
.
..
.bash_history
.bash_logout
.bash_profile
.bashrc
.canna
.emacs
.gtkrc
.kde
files.txt

(2)パイプの例
以下の例では ls -a の結果を sortに渡して出力をソートしています。
[root@testlinux user1]# ls -a | sort
.
..
.bash_history
.bash_logout
.bash_profile
.bashrc
.canna
.emacs
.gtkrc
.kde
files.txt


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2009/12/30

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012