[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]

Redhat Enterprise linux (EL) FAQ


スポンサード リンク



【質問】Guest Additions を Redhat Linux 6.2 にインストールするには


スポンサード リンク

【回答】
Guest Additions を ゲストOSである Redhat Linux 6.2 にインストール方法について説明します。
今回はVirtulBox 4.1.12 r77245を使用しています。

(1)メニュー[デバイス][Guest Additionsのインストール]を選択します。
デスクトップ上にVBOXADDITIONS_4.1.12_77245 が作成されます。

(2)デスクトップより[端末の中に開く]を選択します。
コンソールが開きます。

(3)cd コマンドで以下に移動します。

/media/VBOXADDITIONS_4.1.12_77245/


(4)VBoxLinuxAdditions.runを実行します。

#./VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.1.12 Guest Additions for Linux.........
VirtualBox Guest Additions installer
Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules [ OK ]
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules [ OK ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module [ OK ]
Building the shared folder support module [ OK ]
Building the OpenGL support module [ OK ]
Doing non-kernel setup of the Guest Additions [ OK ]
Starting the VirtualBox Guest Additions [ OK ]
Installing the Window System drivers
Installing X.Org Server 1.10 modules [ OK ]
Setting up the Window System to use the Guest Additions [ OK ]
You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
the guest system) to enable the Guest Additions.

Installing graphics libraries and desktop services componen[ OK ]


(4)OS を再起動します。

以上でGuest Additionsのインストールは完了です。
Guest Additionsの以下の機能が使用可能となります。

・ホストPCとゲストOSのクリップボード共有
・ホストPCとゲストOS間のマウスの移動で 右[Ctrl] キーが不要
・ゲストOSのウインドウサイズの変更(ホストPC上でウィンドウサイズを変更すると、ゲストPCも合わせて自動で変更されます)
・ゲストOSの 高解像度のデスクトップ画面の使用
・ホストPCとゲストOSの時刻同期
・ホストPCとゲストOSのフォルダ共有





スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 6以後を想定しています。

最終更新日:2012/12/22

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012