[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】cpioによるバックアップ/リストア

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】 cpioは特殊なコマンドです。バックアップ対象のファイルは引数としてではなく、標準入力として受け取ります。ファイルは複数指定することが可能です。

(1)バックアップの例
以下の例では cpio コマンドを使用して /home以下のディレクトリをバックアップします。

find /home | cpio -o > /tmp/backup.cpio

(2)ファイル内参照
以下の例では cpio コマンドで作成したバックアップの中身の一覧を表示します。

cpio -t < /tmp/backup.cpio

(3)以下の例ではcpioコマンドで作成したバックアップファイルをすべてリストアします。
cpio -id < /tmp/backup.cpio


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2009/12/30

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012