[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]

Redhat Enterprise linux (EL) FAQ


スポンサード リンク



【質問】Redhat Linux 時刻同期の仕組み


スポンサード リンク

【回答】
Redhat Linux の時刻同期の仕組みについて説明します。

1.クロック種別
Redhat Linux には以下の2種類のクロックが存在します。
ハードウェアクロック
 ・パワーオフ時に時刻を記憶
 ・hwclock コマンドで確認が可能
 ・1970年1月1日 00時00分00秒 からの経過

ソフトウェアクロック
 OS起動時にハードウェアクロックから時刻を取得


2.dateコマンド
date コマンドは OSに設定されたタイムゾーンに従い表示されます。現在のタイムゾーンを確認するには以下のコマンドを実行します。
# strings /etc/localtime
TZif2
TZif2
JST-9


3.日本のタイムゾーン
日本のタイムゾーンは、協定世界時(UTC)を9時間 進めた時刻(UTC+9)となります。



スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 6以後を想定しています。

最終更新日:2015/10/30

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012