[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]

Redhat Enterprise linux (EL) FAQ


スポンサード リンク



【質問】ファイルシステムにアクセスしているプロセスを強制終了する (fuser -mk)


スポンサード リンク

【回答】
1.プロセスの強制終了
fuser <ファイルシステム> -mk は指定したファイルシステムにアクセスしているプロセスを強制終了 (kill) します。

例えば以下のような場合、強制的にすべてのプロセスを強制終了して対応することが出来ます。
・フォルダを削除したくても何らかのプロセスがアクセスして削除できない。
・ファイルシステムをアンマウント (umount) したくても何らかのプロセスがアクセスしていてアンマウントできない。

以下の例では /tmp にアクセスしているプロセスをすべて強制終了します。

fuser /tmp -imk


念のため強制終了するプロセスを表示させたい場合には -imk オプションを付けます。

fuser /tmp -imk



2.気をつけること

うっかり以下のコマンドを実行すると カーネルが停止します。
ほとんどのOS稼動に必要なプロセスがすべて強制終了させられるからです。

fuser / -mk

絶対にこのコマンドは実行しないでください。



スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 6以後を想定しています。

最終更新日:2013/09/25

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012