[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】ファイルを誰も (rootも含む) 削除できない設定にするには

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】 chattr コマンドを使用します。
削除禁止の属性を付けるには +i オプションを、はずすには -i オプションを付けます。
属性の確認は lsattr コマンドを使用します。

実行例:

root@testlinux[/test]#chattr +i test
root@testlinux[/test]#rm test
rm: remove write-protected 通常ファイル `test'? y
rm: cannot remove `test': 許可されていない操作です
root@testlinux[/test]#lsattr
----i-------- ./test
root@testlinux[/test]#chattr -i test
root@testlinux[/test]#rm test
rm: remove 通常ファイル `test'? y


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2009/12/30

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012