[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】スティッキービットの使用方法は(Redhat Linux)

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】
スティッキービットは一般的にディレクトリに対してセットされます。
スティッキービットをセットすると、ディレクトリ内のファイルの名前変更や削除は以下のユーザに限定されます。
・ファイルの所有者
・ディレクトリの所有者
・root

スティッキービットがセットされない場合には、そのファイルの書き込み及び実行権限を持つユーザが名前変更や削除が可能となります。
スティッキービットの一番有名な使用方法は /tmp ディレクトリです。

/tmp は作業ファイルや一時ファイルとしてすべてのユーザに書き込みひゃ実行権限を与えますが、一般ユーザが無断で名前変更や削除をすると他のユーザに影響が出るためにスティッキービットでこれを防ぎます。




スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2012/08/12

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012