[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]

Redhat Enterprise linux (EL) FAQ


スポンサード リンク



【質問】warning: maximal mount count reached, running e2fsck is recommended という警告が syslog に出力される


スポンサード リンク

【回答】
OS起動時に dmesg あるいは syslog に以下のメッセージが表示される場合があります。

warning: maximal mount count reached, running e2fsck is recommended

これはファイルシステムのマウント回数 (主にOS起動時) が、デバイスに設定された Maximum mount count を超えた場合に出力されます。このメッセージは fsck 対象のデバイスに対してを実行すると次回から表示されません。そもそもマウント回数に対してこの警告を表示させなくするには、以下のコマンドを実行します。
(この例では /dev/sdb1を対象としています。)

tune2fs -c -1 /dev/sdb1




スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 6以後を想定しています。

最終更新日:2013/01/25

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012