[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]

Redhat Enterprise linux (EL) FAQ


スポンサード リンク



【質問】ディスククォータ (disk quota) の概要を教えてください


スポンサード リンク

【回答】 ディスククォータとは、ユーザごと、あるいはグループごとに使用するディスク容量を制限する仕組みです。

(1)/etc/fstab ファイルのマウントオプションに usrquotaあるいはgrpquotaのオプションを付けます。
必要に応じて、ファイルシステムを再マウントします。

mount -o remount <マウントポイント名>

(2)quotacheck コマンドを実行します。ファイルシステムの最上位に aquota.user、aquota.group ファイルが生成されます。

quotacheck <ファイルシステム名>

(3)quotaon コマンドを実行します。

quotaon <マウントポイント名>

(4)edquotaコマンドを使用して、閾値値等を設定します。

●ユーザクォータ
edquota -u

●グループクォータ
edquota -g

(5)状況を確認します。
自分の状況を確認するには quota コマンドを実行します。
rootが他のユーザのquotaの状況を確認するには、 repquota コマンドを実行します。



スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2009/12/30

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012