[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux 6(EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】カーネルパニック時のクラッシュダンプ (diskdump使用)の動作は

環境:Redhat Enterprise linux 6(EL)


スポンサード リンク

【回答】 OSでカーネルパニックが発生し、diskdumpサービスによりクラッシュダンプが生成される場合の動作は以下の通りになります。

(1)カーネルパニックが発生した場合、メモリの内容がディスクに出力されます。出力される領域は /etc/sysconfig/diskdump ファイル内の DEVICE= で指定された領域となります。
(2)OS を再起動すると、上記で出力されたダンプが /var/crash/<IP アドレス-YYYY-MM-DD-mm:ss>/vmcore に単体ファイルとしてコピーされます。
(3)上記と同時に (1)で使用した領域が自動的にフォーマットされます。


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2009/12/30

[Redhat Enterprise linux 6(EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012