[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux 6(EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】wgetで Proxy認証ができない場合の確認事項

環境:Redhat Enterprise linux 6(EL)


スポンサード リンク

【回答】
wgetで Proxy認証が出来ない場合のチェック事項です。

(1)
~/.wgetrc を修正する

(*)全ユーザの場合は/etc/wgetrcを使用する。ドットが無い点に注意


http_proxy = http://<IPアドレス>:<ポート番号>/
https_proxy = http://<IPアドレス>:<ポート番号>/
ftp_proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号>

proxy_user = <ユーザ名>
proxy_passwd =<パスワード>

use_proxy = on

<パスワード>特殊記号であっても特にエンコードの必要はないと思われます。
(!で確認しました。)


(2)
http_proxy = http://<IPアドレス>:<ポート番号>/ などで "http://" を忘れていないかチェック。


(3)Proxyが NTLM認証 (NT Lanman 認証)を要求する場合は、curlなど NTLM認証に対応したツールに変えて試してみる。--proxy-ntlm オプションを付ける。

curl --proxy-ntlm <FQDN URL>


(4)途中経路の Firewall や自分の iptables で制限されていないか確認する。

(5)同一Linux上でブラウザで認証を通した場合、(ダイアログに入力など)、wget も認証情報不要でしばらく通信が可能となる。ブラウザの期限が切れたらwget側も切れる。


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 6以後を想定しています。

最終更新日:2017/02/02

[Redhat Enterprise linux 6(EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012