[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】kill コマンドで使用するシグナル名とシグナル番号は

環境:Redhat Enterprise linux (EL)


スポンサード リンク

【回答】 kill コマンドの構文は以下のとおりです。

kill [オプション] プロセスID

オプションとしては

-[シグナル番号]
-[シグナル名]
-s [シグナル番号]
-s [シグナル名]
のどれでも指定可能です。


(1)HUP(SIGHUP)
シグナル番号は1でハングアップの意味です。

(2)INT(SIGINT)
シグナル番号は2で割り込み(Ctrl+C)の意味です。

(3)KILL(SIGKILL)
シグナル番号は9で強制終了の意味です。

(4)TERM(SIGTERM)
シグナル番号は15で通常終了の意味です。

(5)TSTP(SIGTSTP)
シグナル番号は18で一時停止(Ctrl+Z)の意味です。

例:以下のコマンドはどれも意味が同じです。

kill -9 100
kill -SIGKILL 100
kill -s 9 100
kill -s SIGKILL 100


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2013/09/25

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012