[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]

Redhat Enterprise linux (EL) FAQ


スポンサード リンク



【質問】VMwareでホストOSとゲストOSをネットワーク通信させる簡単な方法は


スポンサード リンク

【回答】 vmwareをインストールすると VMnet1とVMnet8が作成されます。
ホストOSとの通信のみでは VMnet1が使用されます。NAT通信を行う場合にはVMnet8が使用されます。VMnet1とVMnet8は 192.168.0.0./16 内で使用していないネットワークアドレスが使用されるようです。

例えばVMware のイーサネットアドレスの設定で「ホストオンリー:ホストとプライベートネットワークを共有」
を選択し、ゲストOSのアドレスを 例えば192.168.190.2に設定すれば、ホストOSとゲストOSのネットワーク通信が可能となります。

Ethernet adapter VMware Network Adapter VMnet8:

Connection-specific DNS Suffix . :
IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.192.1
Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
Default Gateway . . . . . . . . . :

Ethernet adapter VMware Network Adapter VMnet1:

Connection-specific DNS Suffix . :
IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.190.1
Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
Default Gateway . . . . . . . . . :


スポンサード リンク


(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 4以後を想定しています。

最終更新日:2012/12/22

[Redhat Enterprise linux (EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012