[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [ブラウザからエージェントを実行する2通りの方法]




ブラウザからエージェントを実行する2通りの方法


ブラウザからノーツ文書内のエージェントを実行する2通りの方法を紹介します。
R4.x環境のノーツドミノの文書にブラウザからアクセスする場合を想定した情報となります。

以下の方法があります。

イベントに記述


WebQueryOpenあるいはWebQuerySaveイベントに記述する。

WebQueryOpenは文書を開く直前に呼び出されます。
WebQuerySaveは文書を保存する直前に呼び出されます。

ここにエージェントの実行ステートメントを記載する結果としてブラウザからエージェントが呼ばれることになります。


URLで呼び出し



以下のようにhttps プロトコルでOpenAgentメソッドによりエージェントを呼び出します。


https://<データベース名><エージェント名>?OpenAgentというURLで呼び出します。






本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]