[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [ビュー上の文書と列をExcelへ書き出すサンプルコード]




ビュー上の文書と列をExcelへ書き出すサンプルコード


ノーツビューのExcel 形式へのエクスポート方法を紹介します。
ビューのエクスポートは Lotus1-2-3形式は可能ですが、Excel形式はサポートされません。以下の例に示すとおり、Excelを起動し直接書きこめば Excel形式で保存することが可能となります。

・Notes R4.x 環境で確認しています。
・実行するノーツクライアント上にExcelがインストールされている必要があります。


Dim session As New NotesSession
Dim db As NotesDatabase
Dim doc As NotesDocument
Dim view As NotesView

Dim objExcelt As Variant
Dim book As Variant

Dim i As Integer

Set db = session.CurrentDatabase
Set objExcel = CreateObject( "Excel.Sheet" )

If ( objExcel Is Nothing ) Then
Messagebox "Excelが見つかりません。Excelが正しくインストールされていることを確認してください。", MB_OK, "エラー"
Exit Sub

End If

objExcel.Application.Visible=True
objExcel.Application.Workbooks.Add
Set book = objExcel.Application.Workbooks( objExcel.Application.ActiveWindow.Caption )

Set view = db.GetView("ViewMain")
i =1

Set doc = view.GetNthDocument(1)
While Not (doc Is Nothing)
book.Worksheets( 1 ).Cells( i, 1 ).Value = doc.ColumnValues( 0 )
book.Worksheets( 1 ).Cells( i, 2 ).Value = doc.ColumnValues( 1 )
i=i+1
Set doc = view.GetNthDocument(i)
Wend



(補足)Lotus Script を使用しています。(VBを Notesに拡張した言語です。)




本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]