[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [親文書から子文書を作成し文書リンクを含ませるアクションの作成]




親文書から子文書を作成し文書リンクを含ませるアクションの作成


ノーツで親文書から子文書を作成し、さらに親文書への文書リンクを子文書へ含ませるようなアクションの作成方法を紹介します。

親文書にアクションを作成し、式を以下のように設定します。ここで子文書のフォーム名を「FormResponse」、さらに子文書にlink (リッチテキストフィールド)があり、ここに親文書への文書リンクを保存します。


@Command([FileSave]);
@Command([EditMakeDocLink]);
@Command([Compose]; "FormResponse");
@Command([EditGotoField];"link");
@Command([EditPaste])



このアクションは順に以下のような動作を行います。
(1)ファイルを保存
(2)文書リンクを作成
(3)応答文書を作成
(4)"link" フィールドに移動
(5)文書リンクをペースト




本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]